2012年07月12日

文化庁、違法ダウンロードについての資料を公開―これ・・・なんかヤバくないスか?

bunkacho-logo.gif
文化庁が「違法ダウンロードの刑事罰化についてのQ&A」という著作権制度の解説資料(PDFファイル)を公開しており、その子供向けにあたる「違法ダウンロードが罰則の対象となることについて知っておきたいこと(子ども用)」という資料の内容がすさまじいものとなっているようです。
本記事では端的にその内容を綴っていきたいと思います。
【参考:http://www.bunka.go.jp/chosakuken/download_qa/index.html

Q1.そもそも違法ダウンロードとは何ですか?
以下が違法ダウンロードについて示した図
bunkacho_ihodownload-qa.png

Q2.違法ダウンロードは、なぜ悪いことなのですか?
「海賊版の音楽や映画がダウンロードされると、作者(アーティスト)には全くお金が入らず、新しい作品を生みだしたり、次の世代の作者(アーティスト)を育てたりすることができなくなってしま」うからだそうです。

Q3.CDやDVDとして売られている音楽や映画と違って、テレビの番組は無料で見ることができますが、このように無料で放送されているテレビの番組の海賊版をダウンロードする行為も刑罰の対象になるのでしょうか?
ドラマなどのテレビ番組は無料で放送されているため、刑罰の対象にはなりません。ただし、テレビ番組であっても、DVDとして正規に売られているようなものについては、その番組の海賊版を、海賊版だと知りながらダウンロードすると刑罰の対象となります。

Q4.海賊版の音楽や映画をダウンロードしないように気をつけたいのですが、どうすれば海賊版ではないと分かるのでしょうか?
海賊版ではない音楽や映画かどうかを知るには、音楽や映画がのっているホームページに「エルマーク」というマークがついているかどうかを確認する方法があります。「エルマーク」は次のようなマークです。ホームページに「エルマーク」がついていれば、安心してダウンロードできますので、参考にしてください。
以下がその「エルマーク」。
bunkacho-erumark.png

Q5.海賊版の音楽や映画を見たり聞いたりするだけで、刑罰の対象になるのですか?
単に見たり聞いたりすることは、違法ではなく、刑罰の対象にもなりません。法律違反となるのは、あくまでも海賊版だと知りながら、音楽や映画を、録音したり録画したりすることです。

Q6.友達から送られたメールについている海賊版の音楽や映画を自分のパソコンにコピーすると刑罰の対象となるのですか?
違法ではなく、刑罰の対象とはなりません。違法ダウンロードの「ダウンロード」とは、音楽や映画の海賊版について、ホームページ上にあるものを、インターネットを通じてダウンロードすることです。メールで送られてきた海賊版を自分のパソコンにコピーする場合は、ホームページ上にあるものをインターネットを通じてダウンロードする場合に当たりません。

Q7.個人で楽しむためにホームページ上にある写真や漫画を自分のパソコンにコピーすると刑罰の対象になるのですか?
個人で楽しむ場合は違法ではなく、刑罰の対象にはなりません。違法ダウンロードの「ダウンロード」とは、音楽の場合のように録音することや、映画の場合のように録画することをいいます。写真や漫画を自分が見るためにパソコンにコピーすることは、録音や録画に当たりません。


う〜ん・・・
これって一体どうなんでしょうね、このことでエルマークの事は初めて知りましたし、意味あるのでしょうか?
この問題については国ではなく我々日本人一人一人が受け止めていかなくてはいけない問題のような気がしますね。


<情報元・参考リンク>
http://gigazine.net/news/20120717-download-qa/ (GIGAZINE)
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/download_qa/index.html (文化庁)
posted by GeniusProgramer at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/280557102

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。